スピードデーティングで楽しく出会いを探した思い出

今から4年前、仕事ばかりしていた私ですがそろそろ婚活をしようかなと思っていた時、友達から「スピードデーティング」の話を聞きました。 

アメリカのドラマで見たことのあるスピードデーティング、面白そうだしネタ作りになるかも?と思い参加しようと思いましたが既に締め切りが終わっていて申し込みできず。

また今度申し込もうと思ってた時に、申し込んでいた友達から電話があり、「明日のスピードデーティングに行けなくなったので代わりに行って欲しい。前日のキャンセルは全額支払わないといけないからお願い!」と頼まれ予定のなかった私は行くことにしました。

a0001_015072

婚活と言っても真剣に相手を見つけようと思っていたわけではなく軽い気持ちで参加しました。

当日は、いろいろな国の男性と(もちろん日本人も)、主に日本人の女性が各35名ほど集まり、3分間の会話を全ての方としました。

正直なところ3分間が長く感じる人もいれば短く感じる人もいて、35名の男性とずっと話すのも結構大変で楽しかったイベントでしたが、誰が誰だかわからなくなる人数でもありました。 

その日にカップルが成立ではなく、気に入った人にマークをつけ、両者が気に入っていれば後日イベント主催者から連絡先がお互いに送られるというものでした。

婚活という活字を見ると、頑張らないとと思ってしまいがちですが、自然体でいると出会うのではないかと思います。

でも、待っているだけでは何もやってきません。

いろいろな場所やイベントに参加してその場を楽しむこと、焦らないことが大切だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ